2019.5.16  課外授業

熊本阿蘇・押戸石の丘ご感想①

スクール課外授業「押戸石の丘」感想①

まずはこちらをご覧ください。
スクール課外授業・熊本阿蘇の押戸石の丘へ

 

最初は自分がちゃんと祈るとこ、
自分で見つけれるか不安でしたが
いざ探してみると、なんとなく気持ち引っ張られる岩を見つけられました。
安心と同時に、自分にも見つけれるんだーと思いました。
そこで教えてもらったお祈りを言おうと
石の上に座った時、眠りに落ちる瞬間に感じる、身体の力が抜ける感覚が足元から起こり
気持ちがよかったのと、風の音、周りの声が遠くに感じ、全てが心地よかったし、いつも景色を見てもすぐ飽きちゃう私ですが、ボーッとずーっと景色を見てられました。

そして、私は奉納する石があったのでお祈りする石とはまた別の場所を見つけ無事奉納完了!
そこの場所もまた心地よく、石の時と同じ感覚をまた足元から感じ、その後ジンジンとした感覚も出てきました。

祈る場所も奉納場所も、合ってるか麻紀さんに確認し、ミッション完了も確認してもらって
自分が感じた感覚が合っていた答え合わせができて、徐々に自分を信頼する事ができました。
もっと自分を信頼し、感じれるように偏った思考と食べ物に気をつけていきたいと思いました。

 

丘に着いた辺りからザワザワと不安な感情が湧いてきて
巨石に向かう道で
行きたくないという声が聞こえるような気がしました。
気のせい大丈夫だよとなだめて、なんでもないと思いこもうとしたのですが、

ここかなと思える場所からの噴火する方角を見てお祈りの言葉唱えていくうち
ただ悲しいという感情がいっぱいになってきました。何がどうしてかはわからないのに後悔の気持ちも。

大丈夫だよと言い聞かせても眉間がキリキリと痛み苦しくて、場を離れたくて…

麻紀ちゃんから悲しいを感じきってくださいと声かけされ阿蘇の方向を見てお祈りしているとどんどん涙が出てきました。
泣いているうちに頭痛は薄れていきました。
悲しいの感情もザワザワした不安も薄れていき、ビュービュー吹く風が心地よく感じました。悲しみを感じきれたかはよくわかりませんでしたが。

今回の旅で思い出したことがひとつありまして

高校の修学旅行で九州に行ったのですが、阿蘇の火口見学のコースが含まれてたんです。

期間中長崎、福岡とずっと楽しんでたんですが、阿蘇の辺りから気分が悪くなり、外の空気も吸いたくなく、バスからどうしても降りられす、見学出来ずでした。
今回遠くから阿蘇山眺めて来れて良かったと思いました。
ありがとうございました。

 

強くこみ上げる感情はなかったですが、
あの大きい石を背中に感じながら暫くお祈りしていると、ふと「ああ、私は全てから赦されたんだな」と感じる瞬間があり、立ち上がることができました。

また、初めての場所、ほぼ初めて会う人ばかりで他に子供もいない、という状況で、娘があんなにも私から離れて遊び回る姿を初めて見ました。

娘が皆さんに受け入れられ、娘も皆さんを受け入れている様子にとても温かい気持ちになりました。

と同時に、そんな娘の姿を以前もここで見ていたような、懐かしい気持ちになりました。

 

押戸石で感じたことは

心地いい
落ち着く
豊かさ
安心、安全
穏やかさ

360度大地を見渡せる風景にもとても癒されました。
ゆったりとした時間を過ごしていたのにあっという間に時間が過ぎて2時間もいたとはビックリしました。

龍頭ケ滝では、守りきれなかった想いや
悲しく切ない想いが込み上げてきましたが
押戸石では内側から感じる豊かさがありました。
今世も心豊かに穏やかに生きれるんだよ!と受け取ることができとても貴重な時間を過ごせました。

お腹の子と来れたこと、そして一緒に感じれたことが本当に良かったです。
サポートしていただきありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。

感想②へ続きます。

 

ページTOPへ戻る