2018.8.13  体操教室

やり続けると見えてくるもの

小村真理子です。

先日の神戸の体操教室に来られた章江さんが、体操中にはじめての感覚を経験されたそうです。

章江さんが体操教室に来られたのが5年前。

ちょうど麻紀ちゃんの体操教室が神戸ではじまった頃でした。

その頃から体操教室に通われ、途中は足が遠のいたりされていましたが、ここ数年は特別な予定がない限り体操教室に参加されていました。

そして、先月の体操教室ではじめて感じたのが、はじめのポーズで首から肩にかけて何かが流れるような感覚と、

呼吸ができるようになると痛みがすーっと軽くなるような感覚。

それを感じて、とても嬉しかったそうです。

そしてその瞬間は頭でグルグル考えていたことが、整理されるような感じになるそうです。

それに加え、体操をやらなきゃいけない、と思っていたのが、

した方がいいから体操教室に来るに変わっている。

と、おっしゃってました。

体操に向き合う姿勢も変わってきてらっしゃいます。

 

いつも体操教室でのはじめのポーズは手がぶるぶるしていて、汗もすごく出てらっしゃる、それでも一度も手を緩めないでジーっとしてらっしゃいます。

足を使うポーズも、踏ん張るのも辛そうですがそれでもどうにかポーズをとろうと向き合われています。

できる、できない、ではなく、やろうとすること、そしてやり続けようとする姿勢が大切で、

本当にやりたいことであれば、できなかったことはできるようになる。その過程では自分の知らなかった可能性も見出すことができる。

できるまで、わかるまで、し続ける姿勢が何においても大切なのではないかと思います。

 

よくお話しするのですが、わたし自身もはじめはこの体操がキツくて5秒もできないポーズがありました。

ヘルニアで寝たきりになったことがあるので、あまりの痛さと怖さで腰が折れるかとも思ったりしてました。

それが、まずは30秒。そして1分。少しずつ時間をのばしてやっていきました。

はじめは目に星が飛ぶかと思うくらい痛かったけど、今では痛くてできなかったポーズが、気持ちいいポーズになっています。

こんなポーズほんまにできるんかな?と思うくらいでしたが、そんな風に思っている人でもできるようになっています。

わたしは体操ができるとかできないより、やり続けることの大切さをお伝えしていこうと思っているので、

章江さんの今回の気づきはわたしもとても嬉しく感じてます。

ありがとうございます。

 

体操教室の日程はこちらから↓

https://www.theuniverse4m.jp/blog/maintenance89/

 

 

 

ページTOPへ戻る