2018.6.10  つれづれ

THE UNIVERSEロゴ制作にあたり

今日は、THE UNIVERSEのロゴ制作秘話(笑 を。

こちらですね。

このロゴは、HP作成にあたり麻紀さんからご依頼いただき、理念に沿ってそのエネルギーから私がリーディングさせていただいたものです。

まず、メインになっていますのが月と太陽。

光と闇、陰と陽の象徴です。

この2つは両極ですが、どちらが良い、どちらが悪いではなくて、光があればそこに影ができますし、影は光がないとできません。世の中ではどちらかが存在すれば、必ずどちらかが存在する関係です。

そしてそれは片方がないと片方が存在しない、バランスをとることで常に補い活かされる関係性でもあります。

私たちの1日の生活サイクルを元に考えると、24時間常に太陽の下という状況で生活ができるでしょうか?夜の闇の静寂や休息も必要ではないでしょうか?どちらもがあってバランスをとり、お互いが活かされます。

人も光と闇とを共に持つ存在です。

光って一見、魅力的だと思います。キラキラで明るくて楽しそうで人が集まって…でもそこにいるために、

無理に明るくしたり、笑顔でいたり、まずは周りの人のために…

でも心の中で本当は…

悲しいのに、つらいのに、自分のことで精一杯なのに…

こういうことはありませんか?

光ばかりにフォーカスすると陥りやすい状況です。本当の気持ちを置き去りに闇と言われる部分を否定・抑圧して、光に向かおうとしているだけなので、実際は闇が余計に深くなるだけです。

自分の中の本当の光、自分自身を知るためには自分の内側に入り、これまで抑圧・拒絶してきた部分、恐れや不安「闇」と言われる部分に目を向ける必要があります。そこにこそ自分自身のパワフルで素晴らしいもの「光」が眠っているからです。

ロゴの太陽(光)を包むように月(影)の方が大きいのは、光に偏りがちな現在の世の中、月(闇)の一側面として、すべてを受け入れ包みこむ愛、再び前に進むための安心できる場所という意味で、そのバランスになりました。

私の使っていますシャドウ&ライトオラクルカードの一番はじめのページに書いてあるのですが、

「あなたが光も影もどちらも好きになれますように」

どちらもただあるだけで、どちらも持っているそのままの自分を好きになれますように♪

もう一つが、月の中の四つ葉のクローバー。
これは、太陽と月の後に出てきたものです。

四つ葉のクローバーを見つけると幸せになると言われますが、イメージが出てきた後に「どういう意味があるのだろう?」と、調べてみたところ、四つの葉それぞれに意味があるそうです。国や宗教によって違うそうなのですが、私が一番しっくりきたのはこちらの4つ。

・希望
・愛
・信仰
・幸福

「信仰」ときくとあやしい?と思われるかもしれませんが、新興宗教団体ではありません(笑

ここでは「信じること」。

「誰を?」って、「自分を」です。

そして、今回このブログを書きながらリーディングしてさらに出てきたこと。

*自分の希望を知ること。
*自分を愛すること。
*自分を信じること
*自分を幸せにすること。

この4つは、一人ひとりが自分自身に対しての約束だと思っていただければと思います。

以上のような想いが込められているロゴです。

私は、ビジョンをうけとることはできるのですが、絵ごころがほぼなく…デザインもできませんので…(笑、ネットでいろんな画像を探し、その画像と一緒にこんな感じでとデザイナーさんにイメージをお伝えし、何度も打ち合わせを繰り返しながらの完成となりました。

私のこんな感じを形にしていただいたデザイナーさんにも感謝致します。細部にこだわっていただき、図形が黄金比になっているそうです!

以上、ロゴ制作秘話でした!
ありがとうございました。

ページTOPへ戻る