2021.5.3  スクール

意識を上げる。純度を上げる。

 

早野美紀です。

4月の福岡お手入れスクールは前回のバストのおさらいとフェイスライン、首でした。

 

スクール生の可愛いベビーちゃんが来ていました。

ママたちは何をしているんだろうと興味津々ながらも、とてもとても静かにお手入れを見ていました。

みんなの受容もその雰囲気もとても素晴らしく、純粋な愛を感じて幸せな気持ちになりました。

 

座学では過去世ワークを。

日常で起きていることが過去世とリンクしていることってとても多いです。

お手入れの工程にどうしても苦手なことがあったり、家族の中で今浮上していることがあったり。

私もお手入れの時に目元にタオルをするのですが、それがとても苦手です。

それら全て過去世が関係していました。

 

過去世、過去世って言ってますが、本当に軽視してはならない、とても大切なところです。

人はそれを思い出さないまま生きていくことがほとんどだと思いますが、思い出したのならその感情を感じきって、寄り添い、癒していく。

癒したらそこからの学びを今世に生かしていくこと。

時にはかなりしんどい感情が湧いてきますが、ずっとその感情を持ち続けている過去世のその子の方が何倍もしんどいはずなので、それを感じきっていきます。

 

しでかしてしまったことがあったとしても、その時はそうするしかなかった自分を赦し、ジャッジではなくただただ聞いて寄り添うこと。

そうやって自分の中の愛を育てています。

 

私は痛みに弱く、だからこそ感じないように鈍らせるクセがあります。

ちょっとやって、全く癒し足りないのにやった気になるという非常に軽薄なところもあります。

 

先日もドームに入っている過去生の子が私のところに来てるよ。

何か話しがあるみたい。
と、麻紀ちゃんより連絡がありました。

あれ?どの子だろう?と思って、光のドームを作り癒している過去世の何人かの中のひとりを感じてみると、ひたすらポロポロと涙が溢れ、落ち着いたかなと思ったらまたポロポロ。

それを寝るまで繰り返し、途中起きてもまたポロポロ。
幸せになりたかったと泣いていました。

 

インナーセルフすみれさん曰く

『がっかりしたり
悲しみが湧いたり
怒りが出たり
反応したりしたときに
寄り添う深さよ!!
少し感じてわかった気にならないで。』

『寄り添うことが深くできればできるほど、
深い深いお手入れができるのです。』と。

 

私の中にあるものしか出せないのがお手入れ。
それを日々起こることの中から何度も何度も学んでいます。

 

 

前に進むにつれて、今までできていたことができなくなるという段階があります。

意識を上げないとできないのです。

 

その段階に入ってきているスクール生がいました。

今までと同じやり方では全く通用しない、より意識を上げていくことをしなければ分からない。

前に進んでいる証とはいえ、つい動じてしまいます。

少しでも動じると純度が落ち、濁るよ、と麻紀ちゃんは言います。

濁ると、またさらに分からなくなるというループに陥ってしまいます。

私はフラットが苦手で、動じるのが大得意なのでこれにハマったらなかなか抜けられないです。

そして勝手に自分を疲弊させてしまいます。

意識を上げると、なんで今までこれで平気だったんだろう、なんで疑問を持たなかったんだろう、ということが浮上してきます。

いかに曖昧に過ごしていたか。。。

曖昧に生きているうちはそれにさえ気づかない。

意識を上げるから分かることがあります。

習慣というものは根強いです。

上がるのは時間がかかるけど、落ちるのは一瞬。

だからこそコツコツ地道に粛々とやっていくしかありません。

やります!!

 

と、私が決意してしまいましたが、スクール生ももうすぐ卒業です。

実際にお手入れを始めます。

これからたくさんの経験をするのだと思います。

こういう風にやっていきたい!こんなサロンにしたい!

そう楽しそうにビジョンを話してくれる姿には豊かさしか感じないです。

こうやって各地でお手入れをする仲間が増えていくことがとても嬉しいです。

私もいつまでも初めの気持ち、純粋な気持ちを持ち続け、自分の中の愛を育てながらお手入れをさせて頂こうと思います。

 

 

 

 

ページTOPへ戻る