2021.4.6  スクール

学び続けるということ。

 

早野美紀です。

3月の福岡セラピストスクールでは、今直面していることや露呈していることをシェアするところから始まりました。

 

まだまだ私たちは未熟なので、新たなことにチャレンジしながらも、エゴイズムに乗っとられて、ズレたりボケたり、訳の分からない状態になったりします。

 

だけども毎回、もつれた糸をほどくように麻紀ちゃんから新たな視点や多面的なものの見方、考え方を根気よく教えてもらいます。

そして、あ!また意図がズレていたなと気づきます。

初心に還り、そして理性を正しく使って自分を客観視し、軌道修正して本質的な選択をする、ということを繰り返し繰り返ししています。

 

 

学び続けることの大切さを痛感します。

何か起きた時、動じずにフラットでいること。

これは急にできるものではありません。

私はみんなより麻紀ちゃんと過ごす時間が長いのでよくよく遭遇します。

ウソやん!!という想定外のことに。

そしてその時の麻紀ちゃんの受け入れる力、冷静で的確な対処、打つ手、あり方には驚愕と尊敬しかありません。。。

常に多面的に物事を見ているので、たいがいのことは想定内なのです。

 

いくら隠したくても、日常の過ごし方がいざという時もろに露呈します。

(言わずもがな、アクシデントに出会うと十中八九慌てる私は、うるさい、黙れとインナーセルフすみれさんによく言われます。)

日頃から事象に対してすぐに観察、考察、洞察、分析をすること。

一つのことを深く理解すること。

これを繰り返し繰り返しやるから、どんな時も落ち着いて多面的に捉えたり、考えたりすることができるのです。

逆にそこが浅いと、視野が狭く一定方向からしか捉えられません。

何かあった時、しどろもどろになったり、フリーズしてしまうのは日頃曖昧なことが多いから!

 

私たちはいつでも、いとも簡単に足元をすくわれ、堕落していくということを肝に銘じて自分を律していく必要があります。

 

『何か思考、言動する時、何か表現する時、自分に誠実かどうか、感情に乗っとられていないか、しっかり理性を使っているか、見極めて。

もし、感情に乗っとられているなら鎮めて、なぜそうなったかを探る。

そして癒し、浄化すること。』

と麻紀ちゃんが言っていました。

 

霊的成長の道に入る時、必要なこと、やり続けて行くことはただひとつ。

【浄化】だそうです。

これは心を綺麗にすることです。

派手なヒーリングができるとか、不思議な力があるとかそんなことはどうでもよく、大切なのは自分の心を綺麗にしていること。

私たちはあるものしか出せないんだということを麻紀ちゃんのあり方を通して学んでいます。

 

 

正しいものの見方、考え方は学ばなければわかりません。

私たち人間は高次も低次も兼ね備えているので、いつでも思い込みや囚われ、エゴイズムの罠に陥ってしまいます。

だから正しいものの見方、考え方を徹底して学ぶのです。

 

学ぶ上でお試し案件はわんさかやってきますが、『いろんなものから逃げるとあとが大変。追われることしかない。

受け入れると生み出すことができる。』とも麻紀ちゃんは言っていました。

 

自分の内側を綺麗にしていく。

そのクリアさ、純粋性こそ、私たちの財産。

これはお金では決して買えない財産なのです。

麻紀ちゃんの発する言葉は愛の深さと、自分とどんな時も向き合ってきた人の重みがあり、だからこそ私たちの深いところに響いてきます。

 

一度きりのこの人生、自由に思いっきり生きていきたい!と未来に希望の光がさします。

 

そのためには自分にとって都合の悪いことを排除したり、見て見ぬフリしてたらどうしようもない。

その時の一瞬は楽かもしれないけれど、何の成長もないのです。

 

どんな自分も受け入れる覚悟をもって、見たくないような自分さえも包み込める自分でありたい!

 

麻紀ちゃんのスクールをずっと受けていてあらためて思うのだけど、どれだけ素晴らしい学びがあったとしてもそれを活かせるかどうかは自分次第です。

 

麻紀ちゃんは同じことをあらゆる角度から何度でも伝えてくれるけれど、私はそれに甘えず一度で吸収する、という覚悟が必要です。

でないと学んでるフリして傲慢だということになります。

真摯に生きる人から何度も同じことを言わせて、時間を搾取するのですから。

素直さ、謙虚さがないのに、他者のサポートなんてできるはずはありません。

この一年は本当に大切な時なので、誰よりもクセの強い私はさらにさらに意識を上げて、誰にも負けない努力をしていきます。

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る