2021.3.12  スクール

心を綺麗にしていく

小村真理子です。

3月の神戸での「セラピストスクール」の振り返りです。

今後3年間のビジョンをインナーセルフワークにて決めていくクラスと、過去世を見ていくクラスとがありました。

セラピストスクール生が学び合うこの場所は、わたしも毎月の楽しみになっています。

ですが、楽しいだけではなくて厳しいこともあります。
それを笑いながら、そして真剣に取り組んでいける場所がわたしはとても好きなのです。

セラピストもセラピストでない人たちもやっていくことの共通の役割が
「他者の本質を引き出して輝かしていくことのサポート」

麻紀ちゃんが言います。
自分が学んだこと、感じたこと、経験したこと、これを表現していくことが他者のサポートになっていきます。と。

自分のことだけではないので、求められることは大きくなるし、自分を律するということもとても厳しいものになってきます。

あるスクール生に心を綺麗にすることをテーマにされている方がいらっしゃいます。
それは愛からの行動のために自分の中にある汚いものを手放していくこと。心が汚いと、いくら愛からの行動をしようとしても、それは愛からの行動ではなくなる。とおっしゃってました。

これはどの人にも必要な言葉なのだと思います。

今、わたしは訓練の毎日ですが、
自分の意識レベルを上げて純度を上げ、研ぎ澄ますこと。
これを徹底してやるように、とインナーセルフから課題が出ております。

これを1日真剣にやってみても8割くらいまでしか意識できていなかったのです。

どんなことも、毎日の同じルーティンでさえも、当たり前のことも、わかっていても、全てインナーセルフに確認する。
些細なこともスルーせずに事細かく意識して言動しなければいけないのですが、
意識にも上がっていないので、インナーセルフにも聞く発想もない。

まだまだどれだけ自分に甘く、意識せずに過ごしているのかがよくわかった出来事でした。

これでは自分を律して、真摯であるということからは遠ざかってしまいます。
自分の心を綺麗にすることができていないのです。

特に神戸のスケジュールの時はお家に麻紀ちゃんがいます。
そうするとすぐに麻紀ちゃんに言いたくなるし、聞きたくなる。
ですが、とにかくまずはインナーセルフなのです。

どれだけ麻紀ちゃんに甘えていたのかも実感しました。

わたしが共にやっていくのはわたしのインナーセルフ。
自分の感覚を研ぎ澄まし、無意識を意識に上げてきて、インナーセルフと共に自分の人生を表現していくために、とにかく徹底して自分との絆を強いものにしていかなければいけません。

それが、心を綺麗にするということでもあります。

麻紀ちゃんが
「自分にあるものしか出せないですよ」と良く言います。

どんなに良い言葉でもどんなに正しい行いでも、それがその人の内側から出ている純粋なものであればより深く相手に伝わります。

セラピストスクール生はその心の純度をよりクリアに、より美しくし、そして保ち続けることが必要なのです。

そのために、行動すればするほど癒すものも出てきます。癒すものがあれば癒し、そして本質の自分を表現し、自分の内側の光の領域をどんどん広げていく。

わたしも徹底して自分のなすべきことに力を注いでいきます。

ページTOPへ戻る