2021.3.12  スクール

自分の役割を知る

小村真理子です。
3月の神戸での「お手入れのスクール」の振り返りです。

神戸のお手入れスクールも残りわずかとなってきました。
あっという間に1年が過ぎていきます。

ですが、みなさんが身体に触れるときのタッチやエネルギーがとても変化していて、内側も大きく成長されている様子を感じて、お手入れスクールはあっという間だったけどそれだけの濃ゆい学びがあった1年なんだな、と改めて実感しました。

今月は「お手入れを通して、あなたは何を表現していくのですか?」
ということをインナーセルフワークにて、明確していく時間でした。

麻紀ちゃんは言います。
まずは自分が何者かを自覚し、そして学んだお手入れを表現していく、その表現を通して何を形にしていくのか。
しっかりと計画を立てることがとても大切ですよー。と

衝動的な質をもつ私にとっても、とても大切なことだな、と思いました。
(なんせ、衝動的に初めてもなかなか長続きせず、そしていつもギリギリになって本腰が入るタイプなので、そうなる前にやっとけよ!って話なので、わたしの質を知っている上の人たちからは、いつも崖っぷちにいるような課題が出ています。)

自分が生まれてきた役割を自覚し、この地球でその役割を全うすること、その計画を私たちは生まれる前に決めてきています。

その役割に大きい、小さいはなくて、みんなそれぞれに重要な役割なのです。

わたしも自分の役割に対して、腹をくくるということがまだ足りてないな、と思うことばかりです。
覚悟決めました!って言ってもそれに伴わない行動をしてしまっていることがあります。無意識で。
だからやっぱり自覚がないのだとインナーセルフに言われています。
やってしまったら次に気をつけるしかない!もうこれしかないのです。

お手入れスクール生たちもお手入れを学び、それを提供していくということは、そういう役割がある人たちでもあります。

他者に寄り沿い、気づきを促していくことのサポートでもあるお手入れ。
麻紀ちゃんが、お手入れは表現です。その人のあり方が全て現れるのがお手入れですよ。と言っていました。

あり方を磨けば、お手入れも変わっていきます。

もちろん、それをやっていく過程では、癒す必要があるものや、学んでいくことはたくさんあります。

癒しと学びをし続けて、自分の内側の純度をどんどん上げていき、どんなことがあっても受け容れることができる人格へと成長していくことで、クライアントさんの心にも光を灯すことができる。

麻紀ちゃんがスクール生に「どんどんやりなさい^^」と言っていました。
本当にどんどんやってほしい!

お手入れスクール生の卒業後の活躍がとても楽しみです。

ページTOPへ戻る