2021.2.6  つれづれ

学び合い高め合う場所

小村真理子です。

神戸では定期的にお手入れを学んだ人たちで練習会を開催しています。
この練習会は毎回ですが、とても良い学びの場所となっています。

お手入れをしてる場所はヒーリングの空間となります。
みんなが真摯な姿勢でとても大切に身体に触れている光景は愛に溢れていて、とても感動します。
初めてお手入れの練習会をしたときは感動して涙が出てきました。

なんせベッドを2台置いて行われるこの練習会、とても特別な時間のように感じます。

わたしはモデルとして身体を提供していますので、いろんな人が身体に触れてくれます。
触れてもらっていると、それぞれの人たちが前回の練習会からの触れ方の変化や、エネルギーの変化を感じます。

ある人は力が抜けて触れ方がとてもソフトになっていたり、ある人は安定感、安心感、そして芯の強さを感じたり、ある人は優しいエネルギーで包んでくれるように感じたり、、、

その変化を感じ、みんなそれぞれにやるべきことに向き合っているんだな、ということが伝わってきますし、今は大切なことに向き合ってるんだなー、頑張ってーとも思うこともある。

麻紀ちゃんからお手入れを学んだ人たち、みんなそれぞれに良いところがあって、どれがいいとかそういうのではなく、それぞれの持ち味を磨き、自分たちのお手入れというものを確立していっている様子を感じることができるお手入れの場所。
そんなみんなの様子を見て、わたしもがんばろー!と思うのです。

そして、お手入れをしている光景を見ていると、いや見ていなくてもその場所にいるだけで、とてつもない睡魔が襲ってきます。
とんでもなく気持ちよくて、とんでもなく心地よい場所になりますので、意識が飛びそうになりますが、わたしはがまんがまん。ですが、お手入れをしている人たちもとても気持ち良さそうにしています。笑

苦手なところを得意な人が教えてあげたり、手技の確認をし合ったり、とても和やかながら真剣にみんな取り組んでいます。

毎回朝から休憩を入れると約6時間くらいなのかな。
練習会が終わるとみんな疲れているはずなのに、なぜか心地よくなって帰られるようです。

癒しの場所でもあり、気づきの場所でもあり、学び合い高め合う場所、そんなお手入れの練習会です。

 

ページTOPへ戻る