2021.1.11  スクール

本来の姿で生きる

小村真理子です。

THE UNIVERSEに関わるみなさんへ。
1月12日(火)〜14日(木)の3日間は坂本麻紀ちゃんとは一切連絡が取れませんのでご了承ください。

今月のお手入れのスクールのレポートです。

技術の時間は復習でした。
毎回始まりと終わりに背面に触れ、最初に気になっていたところがどうなっていたのかを最後にチェックしています。

その時にモデルのわたしは触れる人によって触れ方やエネルギーが全然違うことを感じたりするのですが、同じ人が触れているのに、全然違う人が触れていると思うくらい、1月前とはエネルギーがガラリと変わっている方がいらっしゃいました。

別人かと思うくらいのその感じにびっくりしたのと、その後身体に触れてもらっている時も今まで感じたことのない体感がありました。もちろんとても良い感覚です

先月、とても重要で大きな気づきをされ、そして今年は大きく動いていこうとされている。そうすると内側の領域が広がってくる。それがお手入れにも表れるのだと麻紀ちゃんが言っていました。

自分の人生を生きる。と決め、そしてそのような行動をしていくということ、これはとても自然なことです。
現代のほとんどの人たちはいろんな制限を勝手に自分で作って、不自然に生きてる人がとても多い。

自分で作った制限であれば自分で気づき、自分でその重たい荷物を下ろすことができる。
そしてどんどん自由で軽やかに生きることができるのです。
それは本当に自分がやりたいことをやって、自由自在に自分の人生を創造していくということです。
それが本来の姿であり自然であるということです。

わたしは自己探求という真理の学びをし続けていけばいくほどに、自分自身が自然体でいられるようになってきました。
そしてこの地球上の自然というものがとても身近に感じるようになってきました。ウラ活に行けば行くほど、自然との繋がりを感じることが多くなりました。そして自然から教えてもらうことがたくさんあります。

世の中に溢れる膨大な情報の中、真実が何かを見極めて本当の意味で自然を尊重して敬うことがどういうことなのかを、私たちは思い出す必要があるのだと思っています。

私たち自身が自然体で生きていくことが自然に寄り沿えることでもある。そして自然を理解していけばいくほど、自然界は私たちをサポートしてくれます。
目には見えないですが、自然との繋がりを感じると、わたしはとても大きく暖かいものを感じてありがたくなります。

一人一人が本当に大切なことに気づき、そして本来の姿で生きていくということはこの地球の調和にも繋がっています。
このお手入れはその気づきを促していくきっかけになる神聖なもの。

それを学ばれているお手入れのスクール生たちは、学びを深めるにつれ自分自身が本来の姿に戻ってらっしゃるようです。
また今年一年、どのような変化変容されていくのかがとても楽しみです。

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る