2020.12.29  スクール

感謝の気持ちは生き方で見せる。

 

早野美紀です。

12月の福岡お手入れスクールの振り返りです。

今まで習ったところまでやってみてね、という麻紀ちゃんの言葉から今月も始まりました。

 

まちがえたらどうしようと思う自分を克服するためにも、勇気を出してトップバッターに自ら手をあげてみた、というスクール生がいました。

その気持ち、すっごくよく分かります!

みんなが自分の手先を見ているし、静寂の中で身体を触らせてもらうのは緊張します。

 

私は気がそぞろだし、間違えてはいけないという囚われを根強く持っているので、とにかくスクールが終わったら習ったところまで何度も何度も何度も練習し、しっかり覚えて次を迎えていました。

それでも、はい♪やってみてねと言われたらドッキリしてました。苦笑

(書きながら思ったけど、ここ最近必死で1番頑張ったことってお手入れの練習だな。

ってことはあれがピークで今衰退!それ以上にこれから死ぬ気でやらないといけないことがあるので、限界突破するぞーー!)

 

 

お手入れじゃなくても、ぐっと力が入ったり、苦手だと感じたり、こわいと感じることが出てくる時があると思います。

自分はこんなパターンを持っているんだな、こんな一部のパーソナリティが存在するんだなと受け入れて、その子とお話しし、癒しながら本質の自分が望む方へと進んでいく姿はとても美しいなって毎回すごく感動します。

 

今期のお手入れスクール生たちは癒しの力が高く、個性も豊かでおもしろいです。

スクール中はご先祖様がいらして自分に集中しなさいというメッセージをもらったり、新しくサポートについてくれた見えない存在に気づいたり、過去世の子が顔を出したりと、少し引きで見てみると、お手入れスクールを超えて、なんだか濃厚でどえらい時間だなぁと思います。

そして今ここで起きていることを瞬時に見極めて対応している麻紀ちゃんって同じホモサピエンスとは思えないです。

私も凄いなーって感心するばかりではなく、進化成長していかなくてはなりません。

 

ご先祖様からメッセージをもらったスクール生のお話しの時に、感謝を伝えるのはもちろんだけど、ありがとうございます!だけではなく、自分の生き方で見せていくこと、これが何より大事だよ、と麻紀ちゃんは言っていました。

 

私たちには見えている存在からの(言い方が変だけど)サポートもたくさんありますが、目には見えない力が働いて、本質の自分を生きるためにサポートしてもらっていることがたっくさんあります。

ご先祖様や神様や龍や精霊などなど・・・

それは私たちが他力ではなく、自分の力で本質を生きようとしているからこそ、そのように後押しやサポートしてくれているものです。

なので当然やらないなら、いなくなります。彼らには明確な意志があるのです。(この話はセラピストスクールのブログに書きたいと思います)

信じてサポートしてくれる存在に対しても自分に対しても誠実に生きていこうとあらためて決意しました。

 

今期のお手入れスクールも半分が終わりました。

お手入れを通して自分の中にある愛を表現する仲間たちとこれからも自分のあり方を磨くことを頑張っていきたいです!

 

ページTOPへ戻る