2020.10.17  スクール

今大切なのは軽やかさ

小村真理子です。

10月の神戸での本来の自分を生きるスクールでは新しいスクール生も数名迎えました。

スクールに申し込むまでに何年も考えていた方もいらっしゃいます。
申し込んでからもスクールが始まるまでにずっと緊張していた方もいらっしゃいます。

ですが、みなさんとても楽しかったと、スッキリとした清々しいお顔でスクールを終えて帰られていきました。

冒頭、麻紀ちゃんから今まで約2000年続いた魚座の時代から水瓶座の時代へとシフトチェンジしていきますよーとのお話しがありました。
12月12日まであと2ヶ月弱です。

2極の時代から調和の時代へ。
その大きな変容の時代に生まれた私たちはとても貴重なタイミングをわざわざ選んで生まれてきたのです。
大きく変わるときはどうしても葛藤が湧きやすい。
湧いた葛藤からどのような選択をするのかで、今後の人生が大きく変わると言ってもいいかもしれません。

今までの価値観が大きく変わろうとしています。
すでにもうその変化を感じてらっしゃる方も多いと思います。
ジャッジではなく尊重するという調和の時代への流れにのるためには、まずは自分たちの内側の制限を外して本質を生きることが必要。

制限を外し、外していけばいくほどに自分で勝手に課した重たい荷物を降し、軽やかに前に進んでいくことになります。

守られた安定、安全な場所が本来の生きる場所ではないことだってあります。
今までとは180度違う世界で生きる可能性だってあります。
本質の望む生き方が今の顕在意識の私たちが考えられないようなことだとしても、一旦それを受け容れてみる。

もし、そうであればわたしの心は、魂はどんな風に感じるのだろう?
そんなの絶対無理。できないに決まってる。という一部のパーソナリティの声ではなく、自分の本質の声に耳を傾けてみる。

そうやって、自分の可能性を信じていくのは他の誰でもなくて自分自身。

初めはわずかな声かもしれない、小さな光かもしれない。
時にはネガティブな声の方がたくさん聞こえてくることがあるかもしれない。

そんな時こそ、自分の本質の声に繋がった時のその感覚を、その心が暖かくなるような感覚を思い出して、自分の本質へとベクトルをもっていくこと。
それが強さにもなってくる。

そうやって制限を外して、自由に軽やかに自分の人生を創造していく、今の時期は前に進む流れに乗るその絶好のタイミングの時です。

わたしももっともっと軽やかに生きるため、自分の癖を直すため徹底的に取り組んでいきます!

 

 

ページTOPへ戻る