2020.10.2  スクール

一生かけて自己探究。

早野美紀です。

9月、福岡の本来の自分を生きるスクールの振り返りです。

ほとんどのクラスがひとりひとりの近況を聞いていくことから始まりました。

9/22に秋分の日を迎え、価値観の崩壊を経験した人も少なくありません。

私も思いっきり当てはまり、もうどうやったって頑張る以外の選択肢がないぞ!!というような決断をしました。

そして悔しいこと、やるせないと感じることも立て続けに起こりました。

 

愛や優しさや感謝、光だけを見てフワフワ、キラキラが好きで・・・

耳障りのいい言葉だけ、してほしいことだけをしてくれる人たちと共にいるのか・・・

 

一見険しく感じても、たとえこわくてもしんどいことがあっても、本質の声が聴こえたなら望む道に向かってチャレンジしようとするのか・・・

 

簡単に言うと、殻に閉じこもるのか脱皮していくのか。

今回の秋分の日の星まわりは、何を大切に生きるのかという真の想いに気づいたら、それを思うだけじゃなく具現化していく、その後押しをしてくれるようなものでした。

 

麻紀ちゃんは言います。

美しいものを見て美しい!と思うのは当たり前。

お花畑を見て綺麗!って言うのは簡単。

ドブの中から、いかに光を見いだせるか。

光と闇でひとつ。

闇の中にいかに光を見いだせるか。

現象や今いる環境がどうであれ、そこにどれだけ豊かさを見いだせるか。

悲しみや孤立・分離感があるから、愛ってなんだろうと深く考えられる。

3次元にいる人間は人と比べることをするからこそ深く感じられる。

私たちは源泉。

自分の内側からどれだけ愛を湧かせられるか。

 

麻紀ちゃんの波動を通して、こういうことを聞くと、ハートから温かいものが込み上げてくるし、あぁ人間って未熟だけど尊いなぁと思います。

だから失敗を恐れず思いっきり生きてやろう!と。

 

私たちは弱いところもあるし、ぼんやりしていたら怠惰な選択をしてしまう時だってあります。

 

楽しい楽しいばっかりで好きなことして生きてます♪みたいな気持ちになって、それが怠惰だと気付かないことだってあります。(無自覚)

経験しないと分からないことがあるから、それが悪いわけじゃない。

ただその自分を自覚しているか無自覚なのかで大きく変わります。

今逃げたくなってるぞーー!どうだっていいーー!頑張りたくないーー!本質の自分の選択じゃないけどね。

って自覚があるといいのだけど、もしそれを本質の自分の選択だと勘違いしてしまったらおおごとです。

インナーセルフに叱られるやつです。

 

・本質の自分(インナーセルフ)が言っているのか

・一部のパーソナリティ(エゴイズム)の声なのか

これを間違えない!

(ただここって間違いやすいんだよなぁ・・・

エゴイズムの姿も声もインナーセルフそっくりに見える時があるしなぁ・・・苦笑

怠惰な選択をしてほしいのがエゴイズムなので、そっちに無意識にエネルギーが傾いていると、一部のパーソナリティの声をあたかも本質の声だと勘違いしてしまうことがあるのです。

自分の軸をピシャッと整えようとしている途中の人には見分けられないことがあるのです・・・

私も訓練中です。)

 

だからこそ、自分を知るってすごく大切なことです。

スクールのみんなは自分を知るということをやり続けています。

自分を知ることをせず目を背けてばかりいると、私は〜だから〜できないと自分で自分に限界を作り、本来ある能力の出し惜しみをしてしまいます。

限りなく自由な私たち。

自分の思い込みや囚われで制限を作るなんてなんともったいないことか!

 

でもその制限があるとチャレンジしなくていい。すると成就もしないけど失敗もしないから傷つかなくて済む。

それって楽なんだよねぇという一部のパーソナリティが出てきたりもします。

私も間違ってはいけないという恐れが強く出ると、無意識、無自覚でこんなパターンにはまり、インナーセルフすみれさんに何がしたいの?バカなの?って叱られることがあります。

まだまだ無自覚な私がいる。

その私の一部のパーソナリティが誤作動を起こします。

だから自分を知ること。自己探究することは一生かけてやっていく!

そして望む世界のために自己表現する!

これは麻紀ちゃんや目に見えない方々からどれだけ気付かせてもらい、手厚くサポートしてもらっても自分にしかできないことです。

いつも締めはこれですが・・・頑張ります!!!

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る