2020.9.17  スクール

過去を知り、今を思いっきり生きる

小村真理子です。

今月の神戸での本来の自分を生きるスクールのレポートです。

今月は過去世を見ていくクラスと、日常を聞いていくクラスとありました。
その中でも過去世を見るよりも優先順位が上であれば、今自分が気づくことをインナーセルフに聞いていくということが必要な人も数人いました。

過去世を見ていくということは、それまでよりもっと深いところを見て、そして癒していくということをしていきます。

ですが、それよりも今目の前のことに気づいて自分に集中することが必要な人もいます。

その人、その人の学びの状況によって麻紀ちゃんはスクールでの内容を的確に判断していっています。

1ヶ月前には次のスクールの内容はこれですよーと予定していても、その1ヶ月の間でそれぞれの人がどういう日常を送っていたのか、どう自分に向き合っていたか、そしてまた新たな展開があったりすると、スクールの内容は変わってきたりします。

なので、ずっと過去世を見ているクラスがあったり、そうでなかったり、、、

すべて意味があってスクールは進んでいます。

今月はほとんどのクラスで過去世のワークをしていきました。過去世は本当にとても注意深く見ていかなかければ、視野が狭いと浅い分析しかできません。

何度もこのブログでも書いていますが、過去世を興味があるだけで見るのはとても危険です。
どんな人で何をしていたのか、生まれてから亡くなるまでを見ることが基本なのですが、今の自分では受け容れられないものを見る可能性もありますし、自分の願望を見てしまうこともあります。

もしも外側からの想念がついていたら、想念のいいように真実ではないものを見せられてしまっていることもあります。
それを正しく見極められる第三者の存在は大切です。

麻紀ちゃんのサポートと誘導の元、スクール中はヒーリングの空間となり、みなさんそれぞれに今の自分に見る必要のある過去世を見ていきました。

みなさん、いろんな時代や国、いろんな状況があります。
いろんな感情を持って亡くなっていっています。

そして、今の時代に生まれてきていろんな人と出会っていろんな経験をしています。
みんなの過去世での経験を聞いていると、それらすべてに意味があるんだなーと思うことばかりです。

昔々は今では考えられない状況や環境だったりします。
やりたくてもできなかったことだらけかもしれません。
人と人が殺し合うこともたくさんあったのだろうと思います。
生きるということだけに精一杯だった時もあります。

そう思うと今の私たちはどうであれ、とても自由な世の中にいます。

その時の本当の望みを今のわたしたちが具現化していくことは、本気でやろうと思えばチャレンジできることばかり。

過去に残した宿題の答えをどのように解いていくかは、今の私たち次第。
本当にやりたかったこと、経験したかったこと、それを知って今の私たちがどう生きるのか。

癒して、そして本質の自分の望む行動をし続ける。

癒せば癒すほど、行動すれば行動するほどに、過去の私たちは今の私たちに力をくれます。

そして自分のやりたいことを具現化していくサポートにもなってくれます。

スクールに来ている人たちは、今世は思い残したことは何もない!思いっきり生きたぞーー!!
と言って、清々しく人生を終えるようになればいいですよね。

 

 

ページTOPへ戻る