2020.8.11  スクール

具現化するために今必要なこと

小村真理子です。

8月の「セラピストのスクール」もとても濃ゆく異次元の世界で学んでいるような空間でした。

わたしは変容中でもあり、頭がクラクラ、目はチカチカ、、そこに加えてこのセラピストスクールの空間の心地よさ。
気を抜くと意識がどこかにいきそうな程でした。

今月からも新しい仲間を迎えたセラピストスクール。
先月に続きメンバーも増えたので、改めて来年の春分の日までの目標と月間のテーマをインナーセルフワークにて確認していきました。

麻紀ちゃんから冒頭にあったお話しは
「徹底的に決めた事はやる、やる事はやる」

それには先入観をはずす
何事も軽視しない
分かったつもりにならない

本当にこれや!やめたいのに勝手に無意識にしてしまっている事ばかりです。

地球という3次元の世界にいる私たちは、どうしても未熟なので怠惰になってしまう。そして物質的なもの、権威や力、数に価値を置いている社会で、何も考えずに生きていると無意識のうちにそれらの価値観に染まってしまいます。

深く物事を考えずに、何も疑問に思わずに、世の中が良いと思うものが正しいと信じたり、圧倒的多数がYES!と言ったものに価値をおき、鵜呑みにしてしまったり。。。
無意識に生きていると本当に自分が大切に思っていることを忘れてしまっています。

ですが、この3次元の世界から本当の豊かさを見出すことができるのも私たち人間です。
それには、本質の自分と繋がり、そして本質の自分が望んでいる自分を表現していくこと。自分を生きるということが必須なのです。

本当の豊かさはどこにあるのか?
それは私たちの内側の世界にあります。
本質の自分を生き、内側の世界が豊かで穏やかであればあるほど、3次元の社会での価値観ではなく、自分だけの価値観を思い出してくるようになります。

わたしも未熟で怠惰な自分、というものを認識して、このままではいやだ!と思った頃から、自分に向き合い続けています。
それをやり続けて、今見えてきているのがとてもとても根深い癖。ひつこいくらいに根付いているので、徹底的に意識して行動を変えていかなければ、わたしが望んでいる世界の具現化には繋がりません。

セラピストのスクール生は求められるものも高度になっています。
なので、めちゃくちゃ意識高めで訓練しなければいけないし、やればやるほど出てくる自分の内側にある埃を掃除して、どんどん軽やかになり自分のビジョンを具現化していこうとしています。

わたしも行動すればするほど、やればやるほど、自分のことを知れば知るほど、本質の望む生き方を思い出してきています。
そして数年前では考えられないことができるようになっていたり、もっとやりたいという本質のわたしがいます。
それは他のセラピストのスクール生も同じだと思います。

やりたい事を具現化するために今必要な事は何なのか、それをすべて知っているのがインナーセルフです。
今回のスクールではワークでインナーセルフと話したことを麻紀ちゃんに確認してもらう時間となりました。

わたしは日々の自分の細かい立ち振る舞いまいから、今実際に取り組むことや、課題が出ていることの期限とか、、
よく考えたら、スクール中に聞くのではなく、なんで普段から聞いてなかったんだろう。と思う事ばかりでした。

その辺りが意識が甘い、ということなのかもしれません。。。
そしてもっとインナーセルフとしっかりと繋がることを意識しなければ、とも思いました。

今回、インナーセルフと決めたことをやっていく事でまた何か変わったりするかもしれないし、新たにやることも増えるかもしれない。またその都度確認していこう、とも思いました。

そしてスクール中にインナーセルフと決めたことを意識し毎日を過ごす!
そう決めていても、怠惰な自分が無意識に顔をだし、すぐさまにインナーセルフに叱られる日々ですが、叱られながらできるだけのことはやってみるだけです。

やっていくことで見えてくるものがある。
そして1ヶ月後にどう変化しているのか。そんな自分が楽しみでもあります。

1日、1日がとても大切な時間です。あっという間に1年過ぎます。それを思うと私たちのの人生もあっという間です。

いつも思いますが、
どれだけこの人生でできるかわからない。でもやりたいという思いがあるなら、あーだこーだしている時間はもったいない。
自分の可能性をどんどん高め広げられるのは自分。
何歳でも、何かハンデがあったとしても、どうであれやりたいと思うことにチャレンジし続ける事はとても尊い姿です。

そんなスクール生のみんながこのインナーセルフワークででた行動を実地でやり、そして迎える来年の春分の日がとても楽しみです!

ページTOPへ戻る