2020.6.20  スクール

普通から超越する

小村真理子です。

わたしも参加しているセラピストスクールのレポートです。
先月からはじまったセラピストスクールですが、すでに何ヶ月もスクールに参加しているような気分で迎えました。
わたしにとってはそれほどにこの1ヶ月は今までよりもずっと濃厚な日々だったようです。

セラピストスクールはサロン業務やコンサル的な学びや話し合いもしますが、個々の自分自身としては、通常よりももっと深く自分を知り、癒し、そして行動し、学びを深めるスクールです。

なので、どんな些細な物事も曖昧にせずにしっかりと顕在意識に上げてきて対処していくことも必要になってきます。
わたしも日常を通し自分のまだ未熟なところをどうやったら克服できるのか、どのようなあり方で日々を過ごすのかを徹底的に集中し続けた1ヶ月でした。

だからって、すぐにはできないのす。。
できてない時は、麻紀ちゃんから連絡があります。
わたしがボーッとしはじめた(例えばiphoneをなんとなく見ようとしている)その瞬間に連絡があるのです!笑

ボーッとすると隙ができるので、そこに闇は入ってきます。
麻紀ちゃんはいろんな人と身体がリンクしているので、わたしが気づいてない異変に気づくとすぐに連絡があります。検挙率ナンバーワンの凄腕刑事なのです。

ですが、わたしが気づいているものには連絡はないのです。
ほんますごい!!

それだけではないですが、とにかくいろんな伝説があります。

それは、また追々・・・

そんなわけで、わたしは意識を常に上げ、身体の感覚や自分の内側に集中する24時間を過ごしていました。

これが癖づいてくれば自然にできるようになるらしいのです。
それまでは一瞬たりとも気を抜いてはいけない修行の身です。

特にセラピストのスクール生たちは、これから普通ではないことをやっていこうとしている人たちばかりです。
普通ではないというのは、本質を生きる人たちにとっては本来は普通なのですが、これまでの一般的な考え方の普通という枠内ではないという意味です。

私たちの本質はみんなと同じではなく、オリジナルです。
オリジナルの人生を歩むにはこれまでの常識や当たり前は普通は〜というとこから抜け出すことばかりになってきます。

そうすると今までとは違った意識を持ち、そして常に高みに上げていくため視野を広げることが必要だし、自分を取り巻くすべてのことを観察、考察し、そして実際に行動していくことが必要になります。

本質の自分を生き、この人生で成し遂げたいことを実際に具現化していくこと。
普通ではないことをしようとしているので普通の努力では全然足りない、とわたしのインナーセルフには言われます。
そこに覚悟と自覚があるのか?
それを問われることばかりの日々でした。

何度もそこを確認し、失敗しながらもやり続けようと日々鍛錬しています。
そんななかで、少しづつその変化も感じるようになってきました。いざというときに、すぐに集中力が発揮できるようになったり、何か問題や心が揺れるときに外側やその問題ではなく、自分の内側の本質とも繋がりやすくなってきたり。

今まで泣き喚いていたようなことでさえも、客観的に見れるようになってきていることもありましたし、そのエネルギーに飲み込まれないようにもなってきているのだと思っています。

ですが、まだまだ根深いものには反応してしまうし、癖みたいになっているところもたくさんあります。やりたくてやろうとしても、なかなか自分の思うようにできないこともあります。
それでも、めげずにトライし続けています。

全集中120%にはまだ足りないので、また新たな気持ちでこの1ヶ月はめちゃくちゃ頑張ろう!と心に決めたのでした。

 

 

ページTOPへ戻る