2020.4.22  スクール

奥深く理解していくこと

小村真理子です。

今月4月で神戸のお手入れのスクールが最終月を迎えました。

1年前の4月から始まったお手入れスクール。

わたしは技術の時間のモデルなので、身体に触れてもらってます。
毎月、毎月、お手入れスクールがある度に、
スクール生のエネルギーや醸し出す雰囲気に変化があるのを感じていました。

そして先日、神戸でお手入れスクールに通われている(卒業生も含め)みんなで練習会もしました。

その時の部屋のエネルギー、みなさんが慈しむように身体に触れる様子を見ていて、ハートがバーーー!!とあったかくなって、感動して涙ぐんでしまいました。

あの空気、あのエネルギー。。平和、調和、穏やかさ、、言葉では言い表せないものを感じました。

みんな学びはじめは、本当に自分にお手入れができるのか、と不安だったり、
神聖なお手入れを自分がやっていいのかなという恐れがあった人たちばかりです。

それが、それぞれの今できることを大切に丁寧に、そして愛を持って身体に触れている様子はなんとも素晴らしく、
「わたしもお手入れを習いたい。」
と思うくらいでした。

麻紀ちゃんのお手入れを受けて、8年目のわたし。。
今までそんなこと思ったこともなかったのです。
なぜなら単純に受けている方が良いから。笑

そんなわたしが、お手入れしてみたい、と思うって・・・。自分でもびっくりですが、それほどの素晴らしい時間でした。

(ちなみにわたしは他にやることがあるので、お手入れはしないようです、、)

それはみなさんの技術というところだけではなく、
この1年、それぞれが、繰り返し繰り返し、何度も自分の恐れに向き合って、受け容れて癒し、そして自分のやるべきことをやり続けてきたから。

本質の自分と繋がって、何度も繰り返しやり続けることで、私たちは愛を奥深く理解していくのです。と麻紀ちゃんは言っていました。

それが本質を生きるということです。
そして本質を生きようとする、そのあり方がすべてお手入れに繋がるのです。

わたしも、お手入れこそしないけれど、
間違えたり、失敗したりしながら、それでも諦めずに何度もやり続けている真っ最中です。

些細なところにとてつもない学びがあることばかりです。
ガーンってなることも前よりかは少なくはなりましたが、それでもまだまだあります。

どんな状況下でも、意志を強くもち、冷静に自己をコントロールするかは、日々やり続けるのみ。

来月からは神戸では新しいお手入れスクールが始まり、お手入れの卒業生も含めたセラピストスクールも始まります!
どんなことがまた繰り広げられていくのか本当に楽しみです。

 

ページTOPへ戻る