2020.3.8  スクール

ストイックな世界を歩む。

早野美紀です。

2月の福岡お手入れスクールでは最後の工程の頭まで学びました。

 

先月から2クラスが合同なので、ひとりひとりの動きやあり方を見れてとても嬉しいです。

全て自分が基準。

日常のあり方が全てです。

麻紀ちゃんはブレずに最初から最後までこのことを伝えてくれるし、それを体現して私たちに見せてくれます。

インナーセルフすみれさんも、『優しく穏やかなお手入れは、優しく穏やかな人だからできる。その人にないものは表現できない。』と言います。

私は2月後半、ほとんど毎日すみれさんから怒られていました。

・自覚の足りなさ

・あなたは何者なのかを思い出して

・何のためにそれをやるのか

・浅はか。考えなくていいことを考えて、考えるべきことを考えていない

・流れ作業になっていないか

・やりながら、これでいいのか、もっと良くなるには?と考察しているか

・無意識が多すぎて、人生に緊迫感がない

・目が8つあるくらい、良い意味で気を張れ

 

このようなことを言ってもらいます。

私、ほんと気がそぞろでのんきなので、無意識に現実逃避を繰り返します。

かなりクセが強いです。

それで今まではそんなに困ることもなかったし、みんなが助けてくれたし苦労せずに生きてきました。

だけども、これから私が歩いていきたい世界はストイックな世界です。

ストイックって徹底した自己管理です。

今までマニアック担当でストイック担当はしたことがありません。(麻紀ちゃんに担当制じゃないんだよ、と言われたけれど。)

 

私にはこれからお手入れを通して分かち合いたい世界があります。想いがあります。

心も身体も緩んで、自分を愛おしく大切に思ってほしい。

癒されることで本来の自分を生きることを思い出してほしい。

そんなお手入れができる私でありたいです。

そのためにはどんなにお手入れの練習をしても、日常のあり方が全てです。

毎日新しい朝を大切に、またゼロから積み上げていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る