2020.2.18  スクール

どんな些細なことも意識してみていく

小村真理子です。

2月の神戸でのお手入れのスクールではみなさんタオルフォームを教えてもらっていました。

わたしはモデルなので、みなさんの所作がそれぞれに違うことを感じながら、、やっぱり麻紀ちゃんってすげーな。って、笑

例えば、麻紀ちゃんが我が家に滞在している間、時々洗濯物をたたんでくれている時があります。

そのたたみ方が、驚きます。
普通のタオルは高級タオルに見えるし、
毎日履いて、くたびれたパンツや靴下は新品にも見えてくる!

例えば、麻紀ちゃんは1日にこなす仕事の量が人並み以上です。

お手入れやスクールの時間だけでもかなりの時間とエネルギーを使いますが、
スクール後もいろんな相談やスケジュールも入ったり、
いろんな人とのやりとりを寝る前までびっくりするくらいにこなしています。

ですが、すべて手を抜くことなく、そしてスムーズにこなしています。

日常のすべての所作がお手入れ中の所作と同じである。

タオルフォームを教えている麻紀ちゃんのすべての動作を感じ、
わたしはタオルフォームこそはしないけれど、日常のひとつひとつを流れ作業ではなく、質をあげてスムーズにこなしていくことが本当に大切だと実感しました。

そのために、わたし自身、今とても特訓していることがあります。
日々の日常を無意識ではなく、いつも意識して過ごすこと。

ボーッとするのが得意なわたしです。笑
今、わたしは6時前に起き、自分が今取り組むことのコミットをし、そしてウォーキングを1時間ほどしています。その後は体操。

眠い時とかはなかなか起きれないときもあります。
ですが、すぐにガイドさん(見えない高次の存在)に叱られるのでエイ!と起きます。

そしてコミット。毎日していると、人は慣れることが得意なのでただセリフを言ってしまっているような時があります。
目覚めが悪いわたしですが、意識をあげてきて一文一文集中してコミットします。

そしてウォーキング。
ぼんやりただ歩いていると、これまた叱られます。

なので、自分の内側に光を取り入れること意識しながら歩いたり、もし何か考えながら歩こうと思えば、無意識でそうするのではなく、今からこのことについて考えながら歩きます!と決めて、考え事をします。それも意識にあげていきます。

そして体操。
今は通常だと大体どのポーズも気持ちいいのですが、気持ちよいに浸るとこれまたダメなのです。

体操して、氣が巡って、気持ちが良くなり、そうするとグラウディングしにくくなります。
そうすると意識が遠のく。自分の感覚も鈍る。

今は意識して毎日を過ごすことの訓練なので、体操中でさえも気持ちいいばっかりになると自分の身体の感覚や心の動きが見えにくくなります。

なので、かなりヘビーな訓練です。
特に最後の大の字とかはまだまだ寝てしまうことがあるので、頑張ろう!

そうやって、一日がはじまります。

今は、すべてを意識をして広い視野で物事を見ることを日常生活でもやろうとしていますが、何十年とやってきた癖はなかなかなおらない!

ですが、今わたしが取り組んでいることが先のわたしにどう繋がるのか、そんなことを想像するとワクワクするし、そうありたいと思う。

なので、間違ったり、失敗しながら覚えていくしかないので、どんどん経験(失敗)していこう!と自分に言っています。

人間は人間で生まれたからには、やりながら失敗や間違い、過ちを犯しながら経験する生き物ですよ。
と麻紀ちゃんが言ってました。

失敗が私たちを成長させてくれます。
失敗して自分を責めるのではなく、受け容れて、そこから何を学ぶかをいつも問われています。

だから経験しないと失敗できない。

そしてその経験や失敗から些細なことも見逃さずに考察していくことでより洗練された自分へと繋がる。

なので、些細なことも気がつくように日常生活を意識して過ごしております!

お手入れのスクールに通われているみなさんも、自分のあり方がすべてお手入れに現れる、ということ頭に置きながら日々過ごしてらっしゃる方たちばかりです。

わたしはモデルなので、技術の時間に触れてもらった瞬間に、先月よりも素晴らしい変化を感じると、ただただ感動します。

わたしも頑張ろう!と力をもらいます。

今期のお手入れスクールも残り2回。
みなさんの新たなスタートが楽しみでしかないのです。

 

ページTOPへ戻る