2020.2.18  スクール

本質と繋がって生きる

小村真理子です。

先週、2月の神戸での麻紀ちゃんのスケジュールがすべて終わりました。

「本来の自分を生きるスクール」に通われている方の中でとても流れにのってらっしゃる方たちがいらっしゃいます。

スクールに通い、自分の内側を見ていくことを何年もかけてやってこられて
本質的な生き方へとベクトルを変え、そして行動していくと、それが本質的に必要なことであれば、必ず具現化できるような流れが次から次に起こってきます。

もしかしたら、そんな風に良い流れにのってる自分というものをスクールに通い出した時は思ってもなかったかもしれません。

ですが、自分の内側と繋がって、本質を生きようとする人には必ず追い風があるし、そしてそれにのって自分が行動すれば、また新たな扉が必ず用意されている。

ある方は、ベクトルを変えて(仕事を辞めて)本当に良かった。今の状態(穏やかで心地の良い)でずっといたいなーとおっしゃってました。

麻紀ちゃんはいつもこう言います。
流れにのったのはご自身がやったからですよー
その自分を信頼して信じてあげてください、と。

スクールで麻紀ちゃんがアドバイスやサポートをしても、行動するのはその方です。

そして行動して、もし失敗してもできなかったりしても、やって経験したことが大切で、そこから何を学ぶか。私たちはそれを経験するためにここにいます。

そしてその度に、行動した自分を褒め、そして失敗して間違えた自分に許可を出し、後悔ではなく反省して振り返り、次にどうするかを考えて、そしてまたチャレンジしていく。

この繰り返し。

それをやり続けていると、展開はどんどん拡ります。

現代では本質的に生きることから、かけ離れた生き方をしている人がほとんどだと、わたしの愛読書『私は何のために生きているのか?』の著書ハリーランバートさんが書いていました。

ほとんどの人が本質的に生きるとどうなるのかを知らないのです。(魂は本当は知っているのですが人間になると忘れさせられるそうです)
なので、スクールではその方法を学んでいます。そして実践してもらってます。

一人一人が本質的な生き方をしていくと、
それぞれが何があってもなくても幸せだと感じれる豊かな心を育め、そしてそのような心持ちの人と人が繋がり、分かち合い、思いやりをもって生きることができる。

そのような場所がこれからもどんどん増えていく。今月のスクールではそれを強く確信したのでした。

 

ページTOPへ戻る