2020.1.17  スクール

人は心で動く

小村真理子です

今月はお手入れのスクールの1日目のクラスに加え2日目のクラスでもモデルをさせていただくことになりました。

1日目のクラスでは最後の頭と首のお手入れの練習でした。
これがこれがとても気持ち良くて、めちゃくちゃ緩みました。
麻紀ちゃんもびっくりするくらい、昨年末から変容した2人のエネルギーで、お部屋に癒しの気が充満し、みんなで気持ちよーくなっておりました。

なぜなら、お手入れを学んでいる2人の波動がとても上がっていたからだそうです。

お手入れのスクールがはじまった頃とは全く違うエネルギーを感じて、その優しくて暖かいエネルギーに感動したわたしは、ひっそりと涙ぐむほどでした。

そして2日目のお手入れスクールでも、その気持ち良さに加えしっかりとした安心感も感じてついウトウトしてしまう時間でした。
モデルとして起きていなければいけないのですが、拷問のように気持ちよかったーーー!!

どちらのクラスでもお手入れ中の自分の姿勢や立ち位置のお話しがありました。

姿勢や立ち位置を少し変えただけで、できなかった施術ができるようになっていたので、日常生活でも自分の立ち位置を意識して心地よい状態に持っていくことが大切であるということを学ばれていました。

そしてわたしも参加する座学の時間。
具現化に向けて実際に行動していく、行動すれば出てくるネガティブなパターンがある。
なので、やりながら出てきたものを対処していく、そしてまたやっていく。
この繰り返しです。

わたしは、今やっていくことの取り組みを具体的に事細かくしていくことを練習中です。
どんな些細なことも意識して、自分の顕在意識に上げてきて日常を過ごす。

ぼーっとしている時間はないので、1分1秒で時間管理して行動していくことを癖づけるために実際の日常の過ごし方を変えていっています。

できたらのんびり、ゆったりと過ごしたいのですが、、、
のんびり、ゆったりでさえも意識してすることと、無意識、無防備でのんびりゆったりすることでは180度違うのです。

なので、今は癖づけるために常に自分に意識を持って行動しています。
ボーーとしていると、すぐにバレるのです。笑

癖がつけば、のんびりゆったりしていても自然と自分に集中できるようになる。
そして自分の感覚が常に研ぎ澄まされた状態になる。

そのために、今はちょっと大変だけどやるしかない!

 

麻紀ちゃんが言いました。「人は言葉で動くのでなく、心で動く」

どんな素晴らしい本を読んで知識があったとしても、
どんなに素晴らしいお話を聞いたとしても、
その人が経験して学びにしていないと、誰かに伝える時にはただの言葉なのです。

わたしには伝えたいことがあります。
自分を生きることがいかに大切であるかということを。

それを伝えていくために、より深く誰かの心に届くように、
自分の日常をしっかりと意識して過ごすこと。
そしてできないことをできるようになるために、今までとは違うわたしを意識して自分自身を成熟させていく1年にしていきます!

 

ページTOPへ戻る