2019.8.29  スクール

どう生きますか?そこから何を見い出しますか?

早野美紀です。

 

8月の自分を生きる福岡スクールも濃厚でした。

スクールでは日常起きたことでどんな感情が湧き、どんな気づきがあったかをシェアしながら11人自分の内側と向き合っていきます。

麻紀ちゃんからのアドバイスは実に多面的です。

人間関係。パートナーシップ。

子育てあれこれ。

企業に勤める中でのことやキャリア組の話し。

先生たちの日々の奮闘。

オーナーとして。

今からのビジネスコンサルの時もあります。

 

麻紀ちゃんはいつもこう言って自分の本質に戻るサポートをしてくれます。

『それでもあなたはどう生きますか?

そこから何を見い出しますか?と人生に問われています。』と。

 

闇を見ないことで複雑にしていた問題に光を当て、みんな少しづつベクトルを変えています。

そうすると状況や環境はどんどん変わっていっています。

そうやって変わっていく人がまず何をしているかと言うと、今の自分を受け入れ、寄り添い、深く理解しようとすること。

できていてもできていなくてもそうしようとする努力です。

キラキラ!とか、一瞬で!とは全く無縁で、何ひとつ派手なことはないけれど、この積み重ねが自己信頼に繋がっていく。

そのパワフルさを実感します。

そしてひとつクリアになると、また次の扉が開き、次のお題が待っています。

人生はこの繰り返し。アドベンチャーです!

 

自分が自分にしてこなかったことは理解ができません。

私の場合、如実に表れるのがセッションです。

セッションの質はテクニックや知識ではなく、自分のあり方がだだ漏れます。

いつだってまずは自分の内側から、です。

多面的に見れないということは視野が狭いということ。

先入観やジャッジになるところなので、そこが激しい私にとって大事な課題でもあります。

 

『それでもどう生きますか?』と人生に問われたら、世界平和の担い手になりたい、と答えたいです。

 

平和で穏やかで個々ができることを循環しあう、奪い合いではなく豊かさを分かち合う世界の担い手になりたいです。

これは小さな頃からぼんやりと私の中にあった望みでした。

それが今、共に歩む仲間ととてもクリアになってきています。

だからまずは自分を生きること。

自分を幸せにすること。

 

まだまだ意識が外に向き、分かってほしい!と強いエネルギーで他者にぶつけてしまう時もあるけれど。苦笑

 

何度間違えてもやり直す。

それができる時代に生まれています。

チャレンジの度に新しい自分に出会うのがとても楽しみです。

またここからコツコツ歩みます。

 

 

 

 

ページTOPへ戻る