2019.8.6  スクール

とどまるのか先に進むのか

 

早野美紀です。

7月の福岡スクールでは最初に、地球規模で大変容の時と言われている今、【気づかなければならないこと】というテーマでオーラソーマのボトルを1本選ぶ、ということからスタートしました。

似たような色でもボトルのメッセージは全く違うのですが、みんな不思議なことに今の自分にピッタリのものを選んでいました。

私たちは潜在意識の深いところで、自分が何のために生まれてきたのか、今なにをすべきなのかを知っているんだな、みんな本当に素晴らしいなと再確認できる時間でした。

 

ただ、中の子(インナーセルフ)は純粋にそれをやりたくても、肉体を持つ私たちが、もう必要のないパターンや人間関係、環境に囚われて変わらないという選択をすると、もちろんなにも状況は変わらず、具現化できません。

私もその場にとどまり続けるのか、先に進もうとするのか、今こそ意志の力を信じて試す時だと思います。

 

麻紀ちゃんの今後のビジョンを聞いていても核となる本質は同じだけども、どんどんと広がる世界があります。

聞いていてとてもワクワクするし、必ずそうなるだろうなとイメージが湧きます。

コロコロではなくどんどん変わっていくビジョン。それはその人のあり方そのものだな、と思います。

私たちはとどまることの方が不自然で、変わっていくのが自然だと麻紀ちゃんは言いました。

変わる!って口にはできても実際の行動となるとすごく勇気がいるし、めちゃめちゃ恐れが出る時もあります。

慣れ親しんだ場では、なんとなく安心感があるし、ある程度のことはできるし、なんなら変わらなくてもいいんじゃない!?と自分の内側から怠惰な声も聞こえてきます。

 

それでも本来の自分を生きるために、先に進むと決めたなら・・・

恐れを持つ内側と向き合い、中の子と手を取り合う。

違和感をなかったことにしないで自分の軸でひとつひとつ選択していく。

誰が見ていてもいなくても、11歩コツコツとチャレンジしていく。

スクールで出てくる課題はとてもシンプルだけどパワフルです。

今まで自分の内側を感じきることをしていなかった人には時にしんどいこともある。

でも、やればやるだけ心穏やかで軽やかな未来があります。

やった人にしか見れない景色がある。私もそこに行きたいー!!

今年の後半も共に頑張ろうー!!!

 

 

ページTOPへ戻る