2019.6.14  スクール

自分の内側を平和にする

小村真理子です。

6月の麻紀ちゃんの神戸でのスケジュールが全て終わりました。
夏至を迎えることもあるのか、パワフルにエネルギーが動いた数日間でした。

今月も新入生を迎えて、これから始まることに希望がいっぱいになることばかりでした。

お一人はスクールに参加されることを迷いながらも勇気を出してスクールに来て「やっとここまで来たか」と感じられたり、

もうお一人の方は、誰かわからないけど、「(スクールに)行ったらいい」という声が聞こえたから参加されたとおっしゃってました。
(これは指導霊と言われるガイドさんのようです)

最近はスクール中に一見不思議そうな話も出ることもありますが、
目には見えない感覚や感じることを実際の生活に落とし込んでいくことが本来のスピリチュアルな生き方です。

スクールではガッツリと現実的で実践的なことから学んでいます。

それが、本来の自分を思い出していくことにもなるのです。

本来の自分を思い出すことが、本来の自分のビジョンを思い出すことなので、時間はかかりますが、ここのベースがしっかりと出来てくると揺るがない自分のあり方を確立していくことになる。

そのビジョンに繋がるお話が今月のスクールでも多かったように思いました。
ビジョンが明確になってくると、今までとは180度違った人生に足を踏み入れることになる人もいらっしゃいます。

本来の自分で生きるということを思い出してくると、今までと同じところではなく、それまでは考えたこともなかったような生き方を選択することもあります。

それには一旦は葛藤したり悩んだりもするのですが、その経験も必要なこと。

そうやって本来の自分を生きるということへのベクトルを踏もうとする人たちが、多ければ多いほど、この地球は平和になるのだと思っています。

 

麻紀ちゃんの言葉の中で、わたしが好きな言葉のひとつ「世界平和を望むなら自分の内側を平和にすることから」

今回のスクールでも何度かこの言葉が出ました。

 

自分の内側を平和にすることは、
自分の内側の傷や痛みを癒し、
本来の自分のビジョンを思い出し、
本質を生きるために行動していくこと。

他の誰にやってもらうのではなく、自分でやることでしか本質を生きることはできないのです。

自分で自分を癒して、本来のビジョンを思い出し、行動していく!
どれもすべて必要なプロセスなのです。

ひとりひとりが自分の内側を平和で穏やかにしていくこと。
そして同じ思いを持った者同士が共に学び合い成長していくこと。
それが世界平和に繋がる!

わたしも、麻紀ちゃん滞在初日から毎日毎日めちゃくちゃ訓練しております。
目には見えない方が先生となり、この方はわたしのガイドさんなのですが、自分をコントロールする修行です。

怠惰なわたしが出ると、素早く!叱られます。笑

すべて本質のわたしを生き、
そしてわたしを確立させていくためでもあるので、がんばっております!

まずはわたしの内側の平和から、
それと同時に今のわたしができることを自己表現してくこと。

夏至前にまた一歩深く再認識し、行動していくことを決めた数日でした。

 

本来の自分を生きるスクール⇐

 

 

ページTOPへ戻る