2018.11.7  体操教室

心が穏やかだと体操は気持ちよい

小村真理子です。

先日の月曜日は神戸での体操教室でした。最近は平日は比較的人数が少なくて、かなり静かで深い時間となっております。みなさんと、時にはわたしも黙々としっかりと体操してました。

この日はあまりポーズをなおすことなく、できるだけ見守るモードにしてみました。
静かに静かに呼吸に意識をしてもらって、じっくりと自分に向き合う時間です。

すると、はじめのポーズをとても綺麗にとってらっしゃる方がいらっしゃいました。
いつもと違って、力がぬけていて自然にポーズをとられています。

伺ってみると、なんとご本人も痛くないとびっくりされていました。それと同時にお腹にも空気が入っているとおっしゃってました。

確かに前回の2週間前は胸で空気がとまっているようでしたが、この日は空気を吸えばお腹が膨らみ吐くときはへっこんでらっしゃる!

呼吸が深くできるとポーズが楽にとれるんだなーと、改めて呼吸の大切さを感じました。

そしてこの2週間でご自身の内側の変化もあり、とても穏やかに過ごされているとのこと。
毎日自分の内側とお話しをしてらっしゃっるそうなので、やはり内側との繋がりと体操と呼吸は深い関係があるようです。

 

そして、わたしも氣がすごく廻りました。
なぜなら、ヨダレのような痰がすごくでます!

かなり出たので、かなりいい時間だったと思われます。笑

この体操は人によりますが、いろんな反応がでます。
痰や鼻水、涙がでたり、あくびがでたり、吐き気がしたり、トイレが近くなったり、じっとしているのに汗をダラダラかいたり、寒気がすごくて鳥肌がたったり。

自分で自分の氣・エネルギーを流し、循環させる体操なので、今まで滞っている場所に氣が流れることで、こういった反応がでることがあります。

わたしも毎朝きっちりと体操していますが、それでも毎朝きっちりと痰がでています。
この痰や鼻水、涙がでることで、自分で不要なものを排出しているのだと思っています。

そしてやっぱり呼吸。
体操をすることで、わたしは日常でも深い呼吸ができるようになってきました。
日常でも深い呼吸ができていると、日常でいつも氣が巡っていることになります。

毎朝の体操のときに、しっかりと深い呼吸を意識していくことで、日々の日常でも呼吸を深くできるようになるのではないかな、と思っています。

 

そろそろ寒くなってきました。
寒いと体に無意識に力が入ってしまいますので、体操してゆるめていきましょうー♪

体操教室の日程とご案内

 

 

ページTOPへ戻る