2018.8.9  スクール

人生に問うのではなく、人生に問われている。

 

来週には8月の麻紀ちゃんの福岡スクールが始まりますが、その前に7月のスクールでの気づきを。

7月は各地で豪雨などの災害もあり、ひとりひとりが何かしら思う中での開催でした。

(西日本豪雨で被災された方々、心よりお見舞い申し上げます。そして1日も早い復旧をお祈りいたします。)

『こういう状況だからこそどう生きますか?と人生に問われている。人生に問うのではなく、人生に問われている。』

『自然は循環している。私達も自然の一部。とどめているのは私達だけ。』

麻紀ちゃんの言葉が響きます。

4元素の中の水は感情や記憶とリンクしています。

文字通り、水に流す。

水に流すのは過去のこと。

過去からの経験で作り上げられたネガティヴな思い込みやパターンや制限です。

この過去に縛られると、私たちは勝手に窮屈な思いをしたり、被害者の立場を取ったりします。

私たち人間が鬱々としたエネルギーで、過去の制限やブロックにしがみついていると

その重いエネルギーで自分自身の不調はもちろんのこと、ひいては地球の波動を下げることにもなるのではないでしょうか。

そして浄化がおこる。私達に気づけとアクションがおこる。

水をいつまでもとどめておき濁らすのか。

水を循環させきれいを保つのか。

 

私たちは未熟なので、何かあるたびそれまでの自分を悔い改め新しい気持ちで過ごそうとするけれど

少し時が経てばまたいつもの繰り返しで身勝手で怠慢な自分に気づいたりもします。

私なんか特に、よく言えば変わり身の早い、悪くいうと喉元過ぎれば熱さ忘れるタイプ。

すーぐ無意識の恐れから自己防衛が発動しエゴイズムから誤作動を呼びしくじります。

 

幸せであるために、自分自身の純粋な望みを叶える。本当の自分を生きる。

真っ裸で手ぶらで生まれてきた私たちだから過去を引きずらず、いつだって1からやり直せばいい!

傷を気づきに変えて。これはみんなが平等にできることです。

私は今、毎日意識的に生きるために何のためにそれをやるのか、という部分を問うことをできるだけやっています。

そしてエゴイズムに乗っ取られちゃって、ズレても速やかに戻ること、

揺らぐことがあったり間違うことがあってもそんな自分に失望せず、

今はそうなだけだよ、大丈夫!あなたならできるよ、とできる自分を信じ抜くこと、

そして実際の行動を起こすこと、あきらめないこと、を頑張っていこうとしています。

そのためには内省することや客観視がとてもとても大切になってくるので、

スクールの仲間の存在をありがたく思います。

みんなの近況を聞いているとめちゃめちゃ学びと気づきがやってくるし、

一緒に痛い思いになって涙が出たら、あー私癒えていませんね、ゆっくり丁寧に癒していこうね、という気持ちになります。

そうやって自分の傷に気づいて自分を受け入れて自分で癒してチャレンジして、一生自己探求していくぞー!!!

 

最後にネィティブスピリットカードでみんなに共通するメッセージです。

SWEAT LODGE

 

自分の身体や心や魂を浄化しましょう。

汚れを落としてガラクタを取り除くのです。

もう役に立たないものや人間関係は手放してください。

自分の身体を洗い清めましょう。

心の内側へ入ってください。

瞑想をして想像主に話しかけてください。

感謝をしましょう。

このカードはあなたに

人生のガラクタを一掃すべき時が来ていることを示しています。

ガラクタはもう好きでもなく使ってもいないのにクローゼットに入ったままのものかもしれません。

またもう役に立たないような人間関係や習慣かもしれません。

自分の内側と外側がきれいになればなるほど、魂からの優しいメッセージが楽に聞けるでしょう。

 

 

 

ページTOPへ戻る