2018.10.31  お話し会

木星蠍期から射手期へ〜意志の力は質を超える〜

 

 

早野美紀です。

10/26、神戸で小村真理子ちゃんと星とタローデパリのお話し会をしました。

お話し会では、私から今の星の動きをお伝えして、真理子ちゃんはひとりひとりにタローデパリを引き、それぞれが感じることをシェアしてもらいました。

そして生まれ持ったホロスコープをもとに、ギフトとなる質やチャレンジするとよいこと、今の時期手放すとよいことをお話ししました。

11/8から木星射手座期に入ります。

今、木星蠍期のフィナーレを迎え、自分の深いところが揺さぶられますので、蓋をしていた感情やなかったことにしていた事、もう終わったと思っていた記憶が噴き出しやすく、しんどい人も多いかもしれません。

私自身もあれこれムクムクと出てきて、カオスになることもありますが、もう何も隠すことはないので腹決めて自分と向き合っています。

私は私を幸せにするために生まれてきたし、傷に気づいたら受け入れて、感じて、癒して、次のステージに行きたい!!

ホロスコープを見ているとそのプロセスさえも順調なんだなと気づけます。

本来の蠍の質のひとつに、たくさんの人と共有することより、大切な人や仲間と思いを分かち合うことを喜びとする、という面があります。

心の中を開くというより、いわゆる内に内に入っていく質ですが、木星は外へ拡げよう拡げようとしますので、自分を開くことに抵抗のある人にはかなりチャレンジの1年だったのではないでしょうか?

蠍座は4元素の中の水にあたり、始動・固定・変化という分類だと固定宮になります。

水は感情や記憶、涙を表します。

水を凍らし固定させ氷にして溢れださないよう隠す、閉じるといった恐れのベクトルで使うのではなく、本当に大切な人やモノやコトを純粋に大切にし、繋がるという愛のベクトルで使いたい。

生まれ持ったホロスコープには12の部屋があり、どの部屋が蠍座の担当なのかで出やすい傾向や陥りやすい星の質はひとりひとり違うとしても、真の望みを叶えるための意志の力はその質を超える。

私たちにはその力がある。だからこそ共に頑張っていきたい!

次回、12/27の13時から広島で星とタローデパリのお話し会をします。

この頃には木星は射手座に入っています。

木星は射手座がホームなので、木星らしさ、射手座らしさがぐーーんと出やすい1年の始まりです。

射手座は夢を抱き壮大なビジョンや目標を掲げ、大きなそして遠くの世界に飛び込みます。

木星はそれを拡大・発展させるために協力します。

だけども、何も思いのないところには何もない、何も変わらない、そんな感じです。

木星はラッキースター!だとか言われていますが、いいも悪いも広がりますから、怠惰な人は怠惰が肥大します。。。

自分の真の望みを叶えるため、決めた道を行こうとする人にはサポートが入ります。

広島ではそんな話をおひとりおひとりのホロスコープを見ながらできたらなと思っています。

また、リクエスト頂ければ、できる限り全国行きたい!行きます!

ぜひお問い合わせ下さいね♪お会いできるのを楽しみにしています。

お問い合わせ、お申し込みはこちらからお願いします

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る