2020.2.24  スクール

歩みはゆっくりでも具現化すると起きてくること。

 

早野美紀です。

福岡スクールにまる3年通っているRちゃんのお話です。

彼女はとても常識的で真面目にコツコツと頑張る人です。

仕事も勤勉で毎日通勤に何時間もかけています。

行きたいところや挑戦してみたい事はたくさんあります。

ただ、仕事が忙しいしな、休んだら迷惑をかけるしな、という思いが巡り、状況を考えすぎてなかなか行動に移せない時もありました。

同じスクールのお仲間からも、そんなに頑張ってるんだから、ぜひとも休んで下さい♪とよくお願いされていました。笑

 

彼女は音楽が大好きで、その膨大な知識はかなりマニアックです。そして歌うのが大好きです。

(実際、私たちも聴かせてもらったけどパワー溢れる歌声で、いつも見る恥ずかしがりのRちゃんとはぜんぜん違う姿に感動しました。)

最近はドラムも習い始めました。

麻紀ちゃんからはRちゃんはとにかく楽しんで♪

今まで充分すぎるくらい頑張って来たから、結果はどうであれ、とにかく楽しもう♪とよく言葉をもらっていました。

 

 

彼女は本当に葛藤したり、もがいたりしながら、スクールに通う中で少しづつ少しづつベクトルを変え、本来の自分が望む生き方をしたい!と勇気を出して今の自分にできることから行動していきました。

 

昨年末、スクールの中で生演奏で歌えるところがあるから挑戦してみたい!と言っていました。

 

そして先日、ついに彼女はそれを成し遂げました!

熱でも出て、行けない言い訳作ろうかなと思うほど、本当に緊張したそうです。

自分の出番の前まで帰りたい!と思ったけど、いざ本番になったら、演奏する方もあたたかく、観客のみなさんもサビでは大合唱するくらい盛り上がったそうです。

そして感動したと言ってもらったそうです。

 

想像以上のことが起きました。

本質を生きようと決め、こわくても飛び込んでいく!と決めたら、どれだけ時間がかかっても自分が思ってもみなかったような素晴らしいことが起こる。

彼女はなによりそれをめちゃめちゃ楽しんでいます。

 

こうやってゆっくりとでも具現化していく人は美しいし、見ている私たちの心にも火がついて、よし!私も頑張るぞ!と思える。

スクールではこういう胸が熱くなる循環がどんどん増えてきています。

これからひとりひとりがどんな変化をしていくのかがますます楽しみで仕方ないです。

私も言い訳してないでどんどん挑戦していくぞ!!と決意をあらたにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ戻る